仮想通貨の取引所と比較されるウォレットだけどどっちが安全?

仮想通貨の取引所と比較されるウォレットだけどどっちが安全?

20view

2018.06.22

仮想通貨の取引所とウォレットの違い

仮想通貨を保管する場所

仮想通貨は、その名のとおり仮想の通貨です。法定通貨とは異なり、紙幣や硬貨といった物理的なカタチを持っていません。デジタルデータの数字が仮想通貨の姿ですが、法定通貨と同じなのが管理保管する場所が必要なことです。法定通貨であれば、銀行に預けておくとか、自宅の金庫に保管する、財布の中に入れておくなどの管理保管方法が考えられます。

しかし、物体を持たない仮想通貨には、このような管理保管方法はなく、一般的には取引所の口座に置いておくか、ウォレットと呼ばれる個人の財布的な仕組みにしまっておくことになります。このウォレットは、電子空間上、インターネット上の財布ですが、外部と接続しない個人用のパソコンやペーパーに記録する形式のウォレットも存在します。取引所の口座もウォレットも仮想通貨を管理保管する場所として使える点では同じです。

使い勝手が異なる

しかし、取引所の口座とウォレットでは使い勝手が異なります。両方とも仮想通貨の管理保管場所として使えるとはいえ、そもそもの目的が違うためです。取引所の口座は、仮想通貨を売買するために存在するものであり、ウォレットは管理保管するための存在だといえます。

具体的には、取引所の口座に入っている仮想通貨であれば、そのまま売りに出すことが可能です。ところが、ウォレットに入っている場合は、取引所の口座に移動させる手順が必要になります。つまり、いざというときに余計なひと手間がかかるわけです。

保管場所としての安全性

取引所の口座は他人の家に置いているようなもの法定通貨であれば、銀行の口座に入っていれば安心できます。お金を動かしたいときには、街中にあるATMで現金を引き出すこともできますし、ネットバンキングで振込みや口座間移動させることも可能です。預金自体は、市中銀行か日本銀行の金庫に保管されているため、想定外に消えてしまうこともありません。

仮に、銀行が倒産した場合でも、一定の範囲で預金保険機構による保護が機能します。ところが、仮想通貨における取引所の口座は銀行口座とは大きく異なり、極論するなら何の責任もない他人の家に置いているようなものです。2018年に問題となった仮想通貨の流出騒ぎでは、業者が保証するとして一定の安堵の声が聞かれました。

しかし、一般のルールとして確立したものではなく、また、あくまでも業者の破綻ではなく仮想通貨の流出だったことから、保証という話になったとも考えられます。もし、取引所が潰れてしまうようなことがあった場合、口座に置いている仮想通貨が保護されるのかといえば、法的な枠組みとしては期待薄なのが現状です。

また、この流出騒ぎが起きたときに問題となったのが、仮想通貨を動かせないことです。取引所では、何かあったときに口座を一時的に停止することが考えられます。取引所が意図しないケースでも、システムダウンなどによって事実上の停止状態になることも考えられます。いずれにしても、仮想通貨が消えてなくなる可能性や、仮想通貨を動かしたいときに動かせないリスクを抱えているのが取引所の口座で管理保管する扱いです。

ウォレットなら一定の安心感はあるが

一方、自分で管理保管する形式となるウォレットなら一定の安心感を持つことができます。ただ、オンラインで外部とつながることがあるホットウォレットと呼ばれるウォレットの場合、ハッキングやコンピュータウイルスなどの脅威にさらされている点では取引所の口座と大差ないこともあります。これに対し、ペーパーに記録されたウォレットなどはコールドウォレットと呼ばれており、外部からの不正操作などのリスクは低いです。

その反面、ウォレットの格納装置やペーパーが盗難にあったり、紛失・消失したりするリスクがあります。自分のミスで失った場合などは、どうすることもできない可能性があります。以上のことから、取引所とウォレットでどちらが安全かを一概に決め付けることはできません。使い勝手のよさも含めて、自分に合った管理保管方法を選ぶことが重要です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る