安全性の高い仮想通貨取引所はどれ?セキュリティを徹底比較!

安全性の高い仮想通貨取引所はどれ?セキュリティを徹底比較!

19view

2018.06.22

仮想通貨はセキュリティが大切!

仮想通貨の不正アクセスで損をすることも

仮想通貨を使った投資ビジネスを始める際に、仮想通貨を取引する「仮想通貨取引所」を決める必要があります。取引所によっては取り扱っているICOに制限があるため、汎用性の高い仮想通貨を手に入れる必要も。

仮想通貨はインターネット上でお金を仮想通貨に変えたり、投資したりするものなので、不正アクセスで損をすることもあります。金銭が奪われてしまったり、個人情報が抜きとられてしまったりと、不正アクセスが起きて良いことはひとつもありません。

仮想通貨へのセキュリティ意識が高まっている

仮想通貨取引所の「コインチェック」にハッキングが行われ、5億円ほどの仮想通貨が奪われてしまったというニュースが流れてから、取引所のセキュリティに意識が高まるようになりました。仮想通貨のお財布であるウォレットもネット上にあるため、不正アクセスで仮想通貨が奪われてしまう可能性があります。

また、パスワードを複雑にするなどの対策をしている人も増えています。持っていた仮想通貨がなくなってしまうことで大きな損に繋がるため、注意が必要です。また、仮想通貨を行うときにはパスポートが必要になります。万が一、パスポートの個人情報が流出してしまうと、個人情報の観点からも不都合につながる場合も。

仮想通貨バンクに多額の仮想通貨を貯金しておいたのに、それが一晩でなくなってしまうということもあるほどです。そういった被害から身を守るためにも、セキュリティの高い仮想通貨取引所を利用することを推奨しています。

仮想通貨取引所にあるセキュリティ対策3選

(1)二段階認証

二段階認証とは、ログインする際や、実際に投資をするときに二段階に分けて認証するものです。まず、仮想通貨取引所に登録をしたときに、二段階認証の設定をします。パソコンでログインをするときに、スマホやタブレットという別の媒体に向かってパスワードを発信するというものです。

もともと設定したパスワードに加えて、スマホやタブレットに送信されたパスワードを入力する必要があるため、セキュリティが高くなります。不正アクセスの場合、アドレスやパスワードが流出・割り出されてしまう場合が多いですが、その場合でもスマホにもう一度連絡が来るようになるので、不正アクセスを防ぐことができます。

(2)マルチシグ

マルチシグとは、鍵を1つではなく複数持つというものです。IDとパスワードをパソコンに保存していると、パソコンへのハッキングや情報漏洩によって不正アクセスを受ける可能性があります。そこで、それらとは別のパスワードと署名を持つことで、二重のIDとパスワードが必要になり、セキュリティレベルはとても高くなります。

二段階認証と似ていますが、2つ以上の鍵を持つという観点では、二段階認証よりもセキュリティレベルが高く、仮想通貨取引所でも取り入れるところが増えています。マルチシグを使うと、IDとパスワードを紛失してしまう恐れがあります。

しかし、基本的に1つを覚えていればログインやもう一つの鍵を知る手段があるので、紛失してもログインは可能です。利用者のログインに負担がかかりますが、不正アクセスやハッキングを受けても影響を受けにくいため、これから仮想通貨を始めるという人はマルチシグ対応の仮想通貨取引所を利用してみましょう。

(3)コールドウォレット

コインチェックがハッキングにあって5億円程度の仮想通貨が奪われてしまったのは、インターネットでアクセスできる場所に多額の仮想通貨を置いていたことも原因のひとつだといわれています。仮想通貨からこまめに現金に戻しておくことで、不正アクセスを受けにくいです。頻繁な換金は手数料がかかるのであまりしたくない・頻繁に投資しているという人には、コールドウォレットがおすすめ。

こちらも仮想通貨取引所が提案していて、インターネットが繋がらないオフラインのウォレットを用意したものがコールドウォレットです。ネットでアクセスできないところに仮想通貨を置いておくことができるため、ハッキングで仮想通貨が奪われることはありません。

仮想通貨取引所では、全額コールドウォレットへ移行できるところもあれば、80%しか移行できないところもあります。仮想通貨取引所を選ぶときにはコールドウォレットを取り入れているところを利用することで、ハッキングを未然に防ぐことができます。

セキュリティ能力の高い仮想通貨取引所とは

仮想通貨取引所の中には、今回ご紹介した3つのセキュリティを取り入れているところ、取り入れていないところがあります。仮想通貨取引所のGMOコインでは、二段階認証・マルチシグ・コールドウォレットの3つを備えているため、セキュリティが高い、安全な仮想通貨取引所だといえます。このように、仮想通貨を利用する際には、効果の高いセキュリティが備わっていること、複数のセキュリティを同時に利用できることがとても重要です。

仮想通貨取引所のセキュリティ比較!

(1)GMOコイン

GMOコインのセキュリティをご紹介します。

  • 二段階認証:ある
  • マルチシグ:コールドウォレット内のみある
  • コールドウォレット:必要な量を送付可能

GMOはセキュリティの要である二段階認証・マルチシグ・コールドウォレットが対応しています。マルチシグ自体はコールドウォレットのみなので、少しでも利益が出たらコールドウォレットへ移行するのが良いでしょう。

(2)BitTrade(ビットトレード)

BitTradeのセキュリティをご紹介します。

  • 二段階認証:ある
  • マルチシグ:すべて対応
  • コールドウォレット:一部可能

二段階認証・マルチシグ・コールドウォレットのすべてを対応している仮想通貨取引所で、セキュリティは比較的に高いです。コールドウォレットは一部なので、可能な額はできるだけコールドウォレットに移行しましょう。セキュリティは高いですが、取り扱っているビットコインの種類が少ないので、投資しようと考えているICOに対応しているかを先に確認しましょう。

(3)QUOINEX(コイネックス)

QUOINEXのセキュリティをご紹介します。

  • 二段階認証:ある
  • マルチシグ:ビットコイン
  • コールドウォレット:ビットコイン・イーサリアムのみ

ビットコインやイーサリアムといった一般的な仮想通貨しか使えませんが、基本的にセキュリティが高いです。

(4)DMMビットコイン

DMMビットコインのセキュリティをご紹介しましょう。

  • 二段階認証:ある
  • マルチシグ:なし
  • コールドウォレット:一部可能

マルチシグの対応がなく、セキュリティレベルは低くなっているので、利用するときには注意が必要です。コールドウォレットはあるので、コールドウォレットへ移行しながら利用することも可能です。

仮想通貨取引所のセキュリティ評価

セキュリティレベルを一覧でご紹介します。

  • GMOコイン:★★★★☆
  • BitTrade:★★★★★
  • QUOINEX:★★★★☆
  • DMMビットコイン:★★★☆☆

セキュリティが高いところと、仮想通貨取引所の使いやすさを比較しながら、利用していきましょう。

仮想通貨で失敗をしないために

仮想通貨で失敗をしないために、セキュリティが高い仮想通貨取引所を使うことも大切です。それ以外にも、

  • パソコンにIDとパスワードを保存しない
  • アプリ版を利用するときにはスマホにロックをかける
  • 評判の良い仮想通貨取引所を使う

パソコンにIDやパスワードを保存してしまうと、パスワードがハッキングされたときに漏洩してしまうので注意が必要です。また、パソコン以外でもスマホアプリで利用している人は、スマホを落としてしまったときにほかの人に利用されないようにパスワードをつけることが大切です。評判の良い仮想通貨取引所を利用することで、損をしないように気を付けて仮想通貨ビジネスを行いましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る