仮想通貨取引所で使われるシステムとは?セキュリティも紹介!

仮想通貨取引所で使われるシステムとは?セキュリティも紹介!

15view

2018.06.22

仮想通貨取引所でよく使われるシステム・セキュリティとは?

ウォレット

ウォレットは、仮想通貨を保管している場所を指します。取引所内では、さまざまな仮想通貨を1つのウォレット内に保管しておくことが可能です(一部例外もアリ)。とくにハードウォレットは、ネットワーク上のパスワードとは別に暗号キーを発行してくれるためセキュリティ面も優れています。また、取引所内に設置されたウォレットを使った場合、取引所自体がハッカー被害に遭うと保管していた仮想通貨が全て無くなることも…。

現に、いくつかの取引所でハッカー被害は起こっています。最悪の場合、盗まれた仮想通貨が全く返ってこないケースもあるため、いくつかのウォレットに仮想通貨を分散して預けた方が良いでしょう。

マルチシグ

マルチシグは、セキュリティ面を強化するために使われるシステムです。言ってみれば、仮想通貨の鍵を複数個に分割するようなイメージを描いていただくと良いでしょう。鍵が散らばっているので、ハッカーも仮想通貨を盗もうと思っても、なかなか盗めないのです。

ただ、マルチシグを使う場合、取引所のセキュリティ費用も高くなります。そのため、取引所によっては費用を抑えたいがためにマルチシグを導入していないケースも…。自身の仮想通貨を守る意味でも、マルチシグが導入されている取引所を選択することをおすすめします。

取引所システム

取引所システムとは、投資家が取引所を円滑に利用できるためにつくられたシステムです。例えば、「資金が少なくなったときのアラーム機能」や「損切り、利確時の自動決済機能」など、さまざまな開発がされています。便利なシステムが備わっている取引所であれば、仮想通貨取引時間にかける時間を減らせる可能性も高いです。ただ、取引所によって力を入れているシステムは違うので、自身と相性が良さそうな取引所を利用することをおすすめします。

パスワードロックシステム

パスワードを一定回数以上入力したときに、作動するロックです。取引所によっては、パスワードロックを解除するには、メールや電話で手続きしなければならないことも…。ただ、このシステムがあることで、あなたの資産が盗まれる確率も減っています。そのため、パスワードを忘れがちな人は、何かにメモをしておくと良いでしょう(メモの内容は第三者には見られないようにしてください)。

ログイン時メール送信システム

ログインをしたときに、登録したメールアドレスに報告がいくシステムを導入している取引所もあります。第三者がログインしたとしても、メールにログイン情報がいくので、すぐに対応できます。しかし、機種変などでメールアドレスが変わると、ログイン時のメールは送付されなくなるので注意してください。

システム・セキュリティが不十分な取引所を使うとどうなる?

1.資産の盗難に遭う確率が上がる

取引所内に保管している仮想通貨・現金の盗難リスクが上がります。取引所でハッカー被害が起こったときは、数千万円以上の資産を失ったり、生活するためのお金がなくなったりした人もいるようです。いくら補償が付いていたとしても、すぐに返金されるわけではありません。取引所の話を過信しすぎない方が良いといえるでしょう。

2.他人から情報を読み取られる確率が上がる

仮に資産が盗まれなかったとしても、他人から情報を読み取られる可能性が上がるケースもあります。例えば、登録した住所や電話番号などが漏洩すると、業者の間に出回り「セールスの電話」などがかかることも…。また、個人情報が漏れたことがきっかけで、金融機関に預けている資産を奪われたり、クレジットカードを悪用されたりする確率も0ではありません。いろいろな面で影響が出る恐れがあるので意識しましょう。

3.使い勝手が悪い

システムが少ないと使い勝手が悪い場合もあります。例えば2ステップで行えていた処理も、取引所によっては4つのステップを踏まないと処理できないケースも…。操作ステップの多さが、売買へ悪影響を与えることもあるので、便利な機能がたくさん内蔵されているか見た方が良いでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る