仮想通貨取引所を比較する時に重視するべき手数料とは?

仮想通貨取引所を比較する時に重視するべき手数料とは?

18view

2018.06.22

仮想通貨取引所選びは手数料で比較しよう

知名度や取引システムよりも手数料を重視する

仮想通貨取引所は、海外はもちろんのこと国内でも大手がいくつも存在しており、どの取引所を利用すればいいのか、これから仮想通貨投資を始めようとする人は迷ってしまうかもしれません。取引システムの使いやすさやサポートの手厚さなどを重視して選ぶのは間違ってはいませんが、それ以上に大事な事があります。

それが手数料です。仮想通貨投資を今後本格的に行うのであれば、手数料が低い取引所を選ぶと後々メリットを大きく感じられるでしょう。仮想通貨取引所を選ぶなら、まずはともあれ手数料で比較してみましょう。

どの手数料で比較すればいいのか

とはいうものの、仮想通貨取引で発生する手数料にはさまざまな種類があります。どの手数料で取引所を比較すればいいのか、仮想通貨初心者には分かりづらい側面があります。仮想通貨取引所で発生する主な手数料は以下のものがあります

  • 口座作成手数料
  • 口座維持手数料
  • 円などの入金、出金手数料
  • ビットコインの預け入れ・払い出し手数料
  • ビットコインの現物取引手数料
  • ビットコインの現物取引手数料(販売所)
  • ビットコインのレバレッジ取引手数料

これだけ多数の手数料があるため、どの取引所が安いのかどうかというのが一見するだけでは分かりづらくなってしまっています。この記事では仮想通貨取引所で発生する手数料の解説をした上で、どの手数料を重視して取引所選びをしたらいいのかを徹底解説しています。これから仮想通貨取引所を選ぶ人も、あるいは仮想通貨取引所の乗り換えを検討している人もぜひ参考にしてください。

口座作成、維持手数料はほぼ無料

口座作成手数料

口座作成手数料とは、仮想通貨取引所に口座を作る際にかかる手数料のことです。口座作成手数料はほとんどの仮想通貨取引所で無料となっています。逆に口座作成手数料がかかる仮想通貨取引所を探す方が難しいといっても過言ではありません。

手数料が高い仮想通貨取引所ほど、口座作成手数料が無料であることをアピールしている傾向にあります。大半の仮想通貨取引所が無料にしていますし、もし仮に手数料が有料だとしても口座を作成するのは1度きりです。口座作成手数料については比較する上で重視するべきではありません。

口座維持手数料

口座維持手数料とは、作った口座を仮想通貨取引所において利用し続けるための手数料のことです。つまり仮想通貨の取引をしてもしなくてもかかる毎月の維持費用のことだと考えてください。銀行に例えれば通帳を維持するための費用のようなものです。

株式投資などを行う証券会社の口座維持手数料は有料のものが多いですが、大多数の仮想通貨取引所では口座維持手数料がかかりません。維持手数料が毎月かかるような仮想通貨取引所は避けた方が賢明でしょう。このように、仮想通貨取引所で口座を作ったり、あるいは維持したりするための手数料は基本的には無料のものが多いです。この点ではほとんどの仮想通貨取引所に差はないでしょう。差が出てくるのは以下で紹介する手数料です。

円やビットコインの預入・払出手数料は比較しても意味がない

円などの入金、出金手数料

仮想通貨取引所に口座を作っただけでは仮想通貨への投資はできません。口座に円などの法定通貨を入金しなければ仮想通貨を購入することはできません。銀行であればATMを使えばすぐに入金することはできますが、仮想通貨取引所の場合は銀行などのようにATMが存在するわけではありません。基本的に銀行振込で口座に対して入金することになりますが、この場合に手数料がかかる仮想通貨取引所も存在します。

また逆に、仮想通貨取引所の口座に入っている円を出金する場合に手数料がかかることがあります。このように、口座作成手数料や口座維持手数料と違い、円の入金出金手数料は仮想通貨取引所によって有料・無料と差があります。できるだけ入出金手数料は無料の方が良いに越したことはありません。しかし、実際に仮想通貨取引を始めてみると実感しますが、現実には口座に対して頻繁に円を入金したり、あるいは逆に引き出したりするということはありません。

多くの仮想通貨投資家は1年に数回程度しか口座に対して円を出し入れしないでしょう。そのため、円の入金出金手数料が有料な仮想通貨取引所を最初から利用選択肢から外してしまうのはもったいないといえます。それよりもビットコインなどの売買に直接関わる手数料で仮想通貨取引所を比較して選ぶべきです。

ビットコインの預け入れ・払い出し手数料

ビットコインを仮想通貨取引所の口座に預け入れたり払い出しをしたりする際にかかる手数料のことです。大半の仮想通貨取引所はビットコインの預け入れには手数料がかかりません。ビットコインの払い出しに関しては有料の仮想通貨取引所が多い傾向にありますが、その手数料は非常に微々たるものです。

そもそも仮想通貨取引所の口座に対してビットコインを出し入れするというシチュエーションがあまり存在しないため、ビットコインの預入払出手数料で仮想通貨取引所を比較するのはあまり賢いやり方とはいえません。

ビットコインの現物取引・レバレッジ取引の手数料は最も大事

ビットコインの現物取引手数料

ビットコインの現物取引手数料は、個人投資家が仮想通貨取引所比較する際に最も重要視する要因となるでしょう。なぜならビットコインの現物取引こそが最も仮想通貨投資家が行う投資行動だからです。頻繁に行う取引で、高い手数料を取られてしまえば収益が目減りしてしまいます。なるべくビットコイン現物取引手数料が安い仮想通貨取引所を選ぶようにしましょう。

なお一部の仮想通貨取引所では指値注文に限ってビットコインを現物取引した場合は手数料がマイナスとなるところもあります。株式投資などでは考えられない仕組みですが、手数料がマイナスということはつまりビットコインを売買すれば手数料が逆にもらえるということです。仮想通貨取引所は指値注文でビットコインを売買してもらった方がシステムに対する負荷が低いために、このような仕組みを導入しているのです。

ビットコインの現物取引手数料(販売所)

仮想通貨取引所の中にはビットコインを市場ではなく、販売所で直接やり取りできるものも多いです。この販売所でビットコインを直接やり取りする手数料は大半の仮想通貨取引所が無料にしています。もし販売所での現物取引手数料が有料の仮想通貨取引所があったとしても、そもそも販売所でビットコインを直接売買することは頻度としては低いためにそこまで気にしなくてもいいでしょう。

ビットコインのレバレッジ取引手数料

ビットコインにレバレッジをかけて取引する手数料も投資家によっては重要でしょう。現物取引よりもリスクが高いぶん得られるリターンも非常に大きいレバレッジ取引は、資金量が豊富な個人投資家や機関投資家が頻繁に利用しています。レバレッジ手数料は多くの仮想通貨取引所で現物取引手数料とは違う手数料体系となっていることが多いです。

一般的な傾向としては現物取引は有料でも、レバレッジ取引の手数料は無料としているところが多いです。ただし、手数料が無料だからといって安易にリスクの高いレバレッジ取引に手を出すのはやめておきましょう。ハイリスク・ハイリターンなレバレッジ取引ですので、十分にビットコインや仮想通貨の取引に知識がある投資家のみ利用するようにしてください。

ビットコインやアルトコインの取引手数料に絞って比較するべき

仮想通貨取引で発生する手数料にはさまざまなものが存在します。そのなかでも、最も頻繁に発生する手数料を重視して仮想通貨取引所を比較するべきです。口座作成・維持手数料や、円の入出金手数料などはあまり頻繁には発生する手数料ではありません。

そのため、仮想通貨取引所を選ぶ際に比較する対象としては不適切といえます。それに対してビットコインやその他のアルトコインの現物・レバレッジ取引の手数料は頻繁に発生します。これらの手数料を重視して仮想通貨取引所同士で比較すれば、自分が利用すると最もメリットが大きくなる取引所を選択することができるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る